本文へスキップ

JRSM 11th Annual Meeting

電話でのお問い合わせはTEL.06-6879-7909

〒565-0871 大阪府吹田市山田丘2-1

大会の概要

日本放射線安全管理学会第11回学術大会の開催概要

主催:日本放射線安全管理学会
共催:日本保健物理学会、大阪大学工学研究科
会期:2012年12月4日(火)〜12月6日(木)
会場:大阪大学 吹田キャンパス コンベンションセンター

発表申込締切:2012年9月10日(月) ※延長しました
予稿原稿締切:2012年10月15日(月)
事前登録締切:2012年10月31日(水)

大会事務局:〒565-0871 大阪府吹田市山田丘2-1
日本放射線安全管理学会 第11回学術大会実行委員会事務局
Tel: 06-6879-7909、Fax:06-6879-7363
E-mail: office@2012osaka.jrsm.jp
ゆうちょ銀行振替口座番号:00960-5-147561
加入者名称:日本放射線安全管理学会 第11回学術大会


1. 参加費用と事前登録の方法

参加登録は事前の振込も可能です。事前登録される方は、参加費および懇親会費がそれぞれ1,000円減額されます(10月31日まで)。

参加登録

参加費
正会員 7,000円
非会員 8,000円
学生  無料(ただし予稿集は2,000円で販売)
予稿集
一部  2,000円(一般参加登録者は1部無料)
懇親会
一般  7,000円
学生  4,000円

参加費用の送金受け取りをもって登録とします。ゆうちょ銀行振替用紙に(1)氏名、(2)所属、(3)連絡先、(4)送金額(正会員・非会員・学生会員の別、参加費、懇親会費)を明記の上、大会事務局(番号:00960-5-147561、名称:日本放射線安全管理学会 第11回学術大会)までご送金ください。なお、懇親会に参加しない学生の方は事前登録する必要はありません。


2. 発表方法

口頭発表、ポスター発表の詳細については、発表申込のページをご覧ください。


3. 懇親会

大会参加者の親睦を深めるため、次のように懇親会を開催します。ぜひご参加下さい。

日時:平成24年12月5日(水)18:00〜(予定)
場所:千里阪急ホテル・仙寿の間(地下鉄御堂筋線(北大阪急行)・大阪モノレール・千里中央駅すぐ)

千里阪急ホテル


4. 一般公演の募集

応募資格:日本放射線安全管理学会または日本保健物理学会の正会員及び学生会員

発表方法:口頭発表またはポスター発表(講演申込時に方法選択)

発表内容:下記の放射線安全管理にかかわる分野における研究成果、技術報告および活動成果
1) 放射線安全管理システム
2) 放射性同位元素、核燃料物質や放射性廃棄物等の安全取扱い
3) 環境放射線や環境RI汚染の測定と管理
4) 放射能汚染や放射線被ばくの事例及び安全対策
5) 教育訓練、社会的啓発活動、リスクコミュニケーション
6) 廃棄物処理とクリアランス
7) 放射線発生装置及び放射性同位元素製造及びそれらの利用
8) 放射線計測、放射能測定
9) 関連法令
10) その他(安全取扱い及び安全管理に携わる現場での貴重な経験等)


5. 研究発表申込方法【2012年8月31日まで】

研究発表申込は電子メールでお願いします。

発表申込のページに電子メール用の発表申込書(Microsoft Word形式)が用意しています。このファイルをダウンロードし、1件ごとに必要事項を入力して大会事務局(office@2012osaka.jrsm.jp)に電子メールにてお申込み下さい。
電子メールの件名は「発表申込」としてください。


6. 講演予稿原稿の投稿方法【2012年10月15日まで】

大会ホームページより講演予稿テンプレート(Microsoft Word形式)をダウンロードし、フォーマットに従って作成したのち、電子メールに添付して、大会事務局(office@2012osaka.jrsm.jp)までお送りください。なお、件名は「予稿原稿」として下さい。
原稿フォーマットは発表申込のページをご覧ください。


日本放射線安全管理学会
第11回学術大会実行委員会事務局

〒565-0871
大阪府吹田市山田丘2-1
大阪大学大学院工学研究科
電気電子情報工学専攻飯田研究室内
TEL 06-6879-7909
FAX 06-6879-7363
MAIL office@2012osaka.jrsm.jp